読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

幕府廃絶を命じられた最後の将軍・徳川慶喜の幕府軍と、新しい政権を作ろうとした薩長軍との戦いとは

 

oryouridaisuki.at.webry.info

 

 

大老井伊直弼が亡くなった後、その井伊直弼に任命された、第14代将軍・徳川家茂も病気で亡くなります。  

 

f:id:momosensei:20160818025452j:plain

 

 

すると、またしても徳川家の跡継ぎを誰にするかという問題が挙がるのですが、適当な人材がいるはずもなく、数か月を経て、水戸藩一橋慶喜が第15代将軍となりました。   

 

 

1867年11月、徳川慶喜が将軍になると、まず政権を朝廷に返上する「大政奉還」を行いました。

薩摩藩長州藩が朝廷から討幕の許可を得ようという動きをしていたことを、事前に察知していた徳川慶喜は、幕府が自ら進んで朝廷に政権を奉還すれば、薩長の討幕を無くすことが出来ると考えたのかもしれません。

或いは、江戸幕府開府以来、政権を幕府に委任してきた朝廷(天皇や公家)には、実際に政治を運営する能力はあまりないかもしれないと考え、朝廷はおそらくその処置に困って、また幕府に政権を委任してくるだろうと見越したのでしょうか。

 

 

しかし、これでは困るのが、薩摩藩長州藩を中心とする倒幕勢力でした。

長州藩は下関でイギリスと戦ったことで、外国に対抗するよりは協力した方がいいのではないかと考えるようになっていて、一方の薩摩藩も、生麦事件の報復によって同じ様な方針になっていました。

そこに、薩摩藩西郷隆盛長州藩木戸孝允との話し合いの中に、土佐の脱藩浪士である坂本龍馬が仲介に入り、薩長同盟が成立します。

 

 

f:id:momosensei:20160818025543j:plain

 

 

それで、薩長の目的としては、幕府とは根本的に異なる、全く新しい政治システムを創ろうとしていました。

ですから、大政奉還によって、徳川慶喜が新政府に残ってしまうのではないかと考えた薩長は、朝廷との政権樹立を目指して、1867年12月、幕府や摂政、関白などを廃止し、総裁・議定・参与の三職を設置して、幕府に変わる新しい政府を発足させるという王政復古を宣言しました。
  
けれども、これは形だけであって、依然として、徳川慶喜は新政府軍よりも大きな軍事力と広大な領地を所有していました。

そこで、その王政復古を発令した夜、京都御所内の小御所において、当時まだ15歳であった明治天皇のもと、諸藩の藩主や公家達が集まって、御前会議が開かれることになりました。

その会議の結果、徳川慶喜が就いていた内大臣という官職を辞して、領地の返上が決定されたのでした。

そのとき、徳川慶喜は京都の二条城に滞在していたのですが、そのことを知らされると、薩長との衝突を避けるために、集結させていた多くの兵とともに大阪城に退きます。

徳川慶喜薩長と争わずに、新しい政権にも入れないものかと考えていたのかもしれないですが、それとは逆に、江戸では部下である幕府兵が江戸の薩摩藩邸を焼き討ちにするという大きな事件が起こります。
  
幕府廃絶という王政復古に納得がいかないことや、江戸での焼き討ちの知らせを聞いて、士気が上がったのか、ついに大阪にいた幕臣たちは兵を挙げ、新政府軍と旧幕府軍戊辰戦争が始まることになるのです。

 

 

明治元年、1868年1月3日、幕府軍は「討薩の表(とうさつのひょう)」を掲げて、鳥羽、伏見の二街道を通り、大阪から京へ向かっていました。

この京都市伏見区は、月桂冠の本社など酒蔵がたくさんあります。

 

f:id:momosensei:20160818025655g:plain

 

 

それで、一方の薩長側は、現在の京都市伏見区から京都駅の方向に向かう鳥羽街道には薩摩の兵を、伏見街道には長州の兵を配置し、西郷自身は京の入口にあたる東寺に本営を置いて、護衛をしていました。

そこへ、鳥羽街道に来た幕府側と護衛をしていた薩摩側が、通過を巡ってと押し問答を続けていたところ、薩摩側が一発の砲撃をしました。

これをきっかけにして、伏見方面でも戦闘が始まり、鳥羽・伏見の戦いが始まりました。
  
薩長軍が約3000に対し、幕府軍は約15000以上の兵力ですから、兵力から考えても、幕府軍の方が有利に見えますが、薩長側は最新武器を備えていたことで、一進一退の攻防を繰り広げました。
  
しかし、翌1月4日、薩長軍側が、菊の紋が入った「錦の御旗(にしきのみはた)」を掲げました。

それが意味することは、菊の紋は天皇の紋ですから、これに逆らうということは、朝廷公認の軍にたてついた賊軍になってしまうということで、戦意を喪失して総退却を余儀なくされたのです。

 

でも、なぜ徳川慶喜は、朝廷と繋がっている薩長に対して、それほど争う方針ではなかったのか?

そして、なぜ幕府の兵である武士たちは、鳥羽伏見の戦いで薩長軍が菊の紋が入った錦の御旗(にしきのみはた)を掲げると、戦意を喪失したのでしょうか?

何か理由があるようですが、何なのでしょう・・・・

 

 

https://twitter.com/momo_no_yashiro